治験はたくさんの人の協力により成り立つ

科学が発達してたくさんの薬剤が巷で使用されるようになっている昨今ですが、薬が世の中に出ていくために乗り越えるべき試験には項目がたくさんあります。

その最たるものが薬の安全性であり、他の薬剤との飲み合わせや体質によっては生じうる可能性がある如何なる障害についても発売前に精査する必要があり、そのために治験は行われます

この治験は生活背景や基礎疾患の異なる複数の被験者に対して投薬を行うことで薬剤による障害が無いか、他の薬の作用を邪魔しないか、特定の体質ではアレルギーなどを引き起こさないかを精査します。

疾患の治療薬であれば患者に対して行うことになりますが、胃薬などの重篤な疾患ではない薬剤の治験にはアルバイトを募り、実施することもあります。

プラセボ、という思い込み効果によって薬が本来持たない作用まで発現してしまう可能性があるため医療知識のない方が参加したほうがいい、という意外な側面をもつアルバイトでもあるのです。